★書籍案内

地球星系社の本

救世シリーズ
 銀河への道
 哲学の理想

新日本書紀
オンデマンド版
 紀年と崩年干支(新日本書紀Ⅱ)
 ヤマト王権の成立(新日本書紀Ⅲ)
 ヤマト王権の展開(新日本書紀Ⅳ)
 ヤマト王権の成熟(新日本書紀Ⅴ)
 ヤマト王権の完成(新日本書紀Ⅵ)

キンドル版電子書籍
 新日本書紀(一)
 新日本書紀(二)
 新日本書紀(三)
 柿本人麻呂伝

地球星系社の出版ではない

高木從人の著書

倭の邪馬台国(新日本書紀Ⅰ)
 パレードブックス

 アマゾンの「高木從人」著者ページはこちらです。

アマゾンの「久保田英文」著者ページはこちらです。
 救世シリーズ2

「哲学の理想」
─解明!存在・倫理・歴史・新社会─

2010年7月8日初版第1刷発行

本体価格:1800円
ISBN978-4-9905293-0-7
販売停止

著者/久保田英文
発行者/久保田英文
発行所/地球星系社

サイズ/A5
本文/縦書き・234頁
帯/無し


特長

存在・倫理・歴史・新社会を解明する哲学の挑戦!
現代最高の理論が理想に輝く人類後史社会への道を示します。

Ⅰ 新しい哲学の原理
厳密な学としての哲学。新しい哲学の原理は、その一つの形を提案するものです。国語辞書によく見られる循環的定義。ある語を引くと別の語を引かねばならず、別の語を見ると、最初の語が説明に使用されている。こんな矛盾を解消できないか。基礎となる範疇から言語全体を構築できないか。概念を定義したその用語に従って記述すれば、文章の意味の曖昧さがなくなる。どんなに複雑な意味でも伝えられる。そのための基礎的な仕事が新しい哲学の原理です。そして、その哲学的言語を使用して、我々の住む現実世界の構造を明らかにする試みでもあります。皆さんが読まれて、現実世界に対する疑問の解消に少しでも役立てば幸いです。

Ⅱ 新しい幸福の原理
欲望を肯定し、快適さを追及する現代社会。倫理・道徳は忘れ去られようとしている。しかし、倫理・道徳は社会の調和を守って人間の幸福を増進するものではなかったか。封建道徳を復活させることはできないが、倫理・道徳が失われる前に確固たる現代的基盤を与えて、社会と人間の幸福を守りたい。人間の理想を回復したい。そのような願いから、新しい幸福の原理は生まれました。新しい幸福の原理では個別の倫理的問題に解答を示すと共に、倫理・道徳に基礎を与える理論の一つの新しい形を提示できたと考えています。現代社会の荒んだ現状に対する良薬となれば、うれしく思います。

Ⅲ 歴史の解明
ローマ帝国はなぜ、衰亡したのか。西ローマ帝国はどのようにして衰滅したのか。女帝斉明は何のために天皇権力を行使したのか。戦乱の世なのに、なぜ、「太平記」なのか。織田信長抹殺の黒幕は足利義昭なのか。沖田総司は果たして美男子か。など。これらの疑問に明確にお答えするとともに歴史のヒントを提示します。

Ⅳ 新社会の解明
人を殺すのは自由?援助交際は善?リベラリズムは正義?市場原理主義は最適?世界連邦は空想? お答えします。自由の本質。自由の限界。実現すべき経済。目指すべき国際秩序。水瓶座時代の新社会の姿が明らかになります。


目次

まえがき----------------------- 3

Ⅰ 新しい哲学の原理
◆序論----------------------- 8
★第1章 全体構造----------------------- 9
★第2章 構造図を支える思想----------------------- 14
★第3章 現実世界----------------------- 15
★第4章 現実世界の構造認識----------------------- 18
★第5章 論点----------------------- 30
★第6章 時空について----------------------- 35

Ⅱ 新しい幸福の原理
★第1章 客観的倫理----------------------- 41
★第2章 幸福から見た倫理的問題----------------------- 47
★第3章 標準的規範----------------------- 50
★第4章 生命倫理----------------------- 58
★第5章 環境倫理----------------------- 78
★第6章 価値の権力----------------------- 81
★第7章 幸福の基礎----------------------- 86
★第8章 幸福の体系へ----------------------- 87
★第9章 正義論----------------------- 90


Ⅲ 歴史の解明
◆ローマ帝国衰亡の原因・カルタゴの復讐----------------------- 95
◆西ローマ帝国衰滅史----------------------- 107
◆女帝斉明(皇極)の大陰謀----------------------- 118
◆日本の権威と権力1----------------------- 120
◆日本の権威と権力2----------------------- 126
◆安土城・信長の夢----------------------- 127
◆本能寺の変について----------------------- 128
◆日本の権威と権力3----------------------- 137
◆石原莞爾について----------------------- 138
◆『国民の歴史』----------------------- 140
◆真の現在史----------------------- 143

Ⅳ 新社会の理想
★第1章 自由の諸問題について----------------------- 151
★第2章 新経済システムによる資本主義の補完----------------------- 173
★第3章 世界連邦による覇権の共同管理----------------------- 193
★第4章 自由原理主義と世界について----------------------- 210

あとがき----------------------- 217
参考文献----------------------- 218
索引----------------------- 220

  

 

高木從人のサイトへ

宇宙と宇宙旅行と物理学のサイトへ

超電磁のお店へ

予言のテラスのサイトへ

反フェミニズム山脈のサイトへ